電話する

地図

予約・問合せ

メニュー
ヘッダーオファー

「親知らず」って、どんな歯?

2023年12月8日

こんにちは。瑞穂市のホワイトエッセンス吉田歯科医院です。

突然ですが、皆さん、「親知らず」はご存知ですか?
一度は耳にしたことがある。という方が多いのではないでしょうか?

「聞いたことはあるけれど、自分には親知らずがはえているのか分からない。」
といった方や、ご存知の方の中には、
「親知らずは抜かなければいけないイメージがあるため、何か症状があっても、なかなか歯科医院へ行きづらく、我慢してしまう。」
といった方もいらっしゃるようです。

一体、「親知らず」とは、どんな歯で、やはり必ず抜かなければいけない歯なのでしょうか?
そこで今回は、「親知らず」とは、どんな歯なのか、ご説明させていただきます。

親知らずとは?

「親知らず」とは、「第三大臼歯」や「智歯(ちし)」とも呼ばれ、一番前の歯から数えて8番目の奥歯のことです。

瑞穂市 歯医者 親知らず 吉田歯科医院

皆さんは、一番前の歯から数えて8番目に、歯は見えていますか?

「親知らず」は、もともと無い場合も多く、「上下左右4本の親知らずが全てはえている。」といった方は、現代の日本人では、約3割程度と言われています。
「親知らず」は、他の永久歯よりも遅い、10歳頃に顎の骨の中で形ができはじめ、20歳前後にはえてきます。一般的には、18~22歳ごろにはえてくることがほとんどですが、まれに30歳頃でもはえてくる方がいらっしゃいます。

「親知らず」の名前の由来は?

皆さんは、「親知らず」という名前の由来を聞いたことがありますか?
歯の名前は、前歯や奥歯、小臼歯や大臼歯など、歯の位置や形、順番などでよばれることが多いですが、「親知らず」は、なぜ、そのように呼ばれるようになったのか、不思議ですよね。

諸説ありますが、昔は今よりも平均寿命が短かったこともあり、「親が亡くなってからはえてくるため」というのが代表的な由来とされていました。近年では、「大人になって、親元を離れた年齢になってからはえてくるため」とも言われるようになりました。

瑞穂市 歯医者 親知らず 吉田歯科医院

ちなみに、歯科の専門用語でもある「親知らず」の別名、「智歯(ちし)」という呼び名の由来は、「成人になり沢山知恵がついてからはえてくるため」と言われています。
「親知らず」という名前には、そのような由来があったのですね。

あなたの「親知らず」の生え方はどのタイプですか?

現代人は、顎の大きさが小さい傾向があります。一方で、歯の大きさは昔とあまり変わりません。
そして、「親知らず」は、他の永久歯よりも、極端に遅れてはえてくるため、はえ出る場所が不足してしまい、位置異常を起こしやすく、「親知らず」のはえ方はさまざまです。
現在、「親知らずがはえている。」という方は、どのようにはえているか、ぜひ鏡で確認してみてください。
今からご説明させていただく、「親知らず」のはえ方のタイプの中に、皆さんの「親知らず」と同じはえ方はあるでしょうか?

①真っ直ぐ生えている

瑞穂市 歯医者 親知らず 吉田歯科医院

親知らずが、真っ直ぐ生えている場合は、他の歯と変わらない機能を果たします。
歯みがきもしやすいため、虫歯や歯周病が発生するリスクが減りますし、歯ならびを悪くするなどの問題が起きる可能性も低くなります。
親知らずの生え方のタイプの中では、最も理想的なはえ方と言えますね。

実際は、このように真っ直ぐ親知らずが上下はえているケースというのは、実は多くないんです。
「親知らずは良くないもの」というイメージをお持ちの方が多くいらっしゃるのは、親知らずは、このような正常なはえ方をすることが少ないため、「抜かなければいけない歯」として認識されている方が多いためだと考えられます。

ただ、このような理想的なはえ方をしていても、かみ合う側の上下どちらかの親知らずが、違うはえ方をしていたり、親知らずがない場合は、かみ合った時に、真っ直ぐ生えている方の親知らずが、一方の歯ぐきを噛んでしまい、歯ぐきが傷つけてしまったり、痛みを生じてしまう可能性があります。また、かみ合う相手を求めて、上の親知らずが、下がってきてしまうことがあります。

その他、親知らずは、もともとはえてくる際に、歯ぐきを押し破ってはえてきますので、その過程で、虫歯などにはなっていなくても歯ぐきが痛むことがあります。

上下とも、真っ直ぐはえていて、なおかつ、正常にかみ合っている場合や、痛み・腫れなどのトラブル、歯みがきのしにくさなどで特にお困りでない場合は、必ずしも抜く必要はありません。
万が一、親知らずが虫歯になってしまったら、器具が届き、治療が可能な状態でしたら治療を行うことも可能ですが、親知らずは器具が届きにくい場合が多く、そのような場合は、真っ直ぐはえていても、抜歯をご検討いただくことがあります。

②親知らずが完全に埋まっている

瑞穂市 歯医者 親知らず 吉田歯科医院 瑞穂市 歯医者 親知らず 吉田歯科医院

このように、親知らずが、顎の中に完全に埋まっていて、見えない状態の場合、ご自身では気付かないことが多く、歯科医院でレントゲン撮影の際に知ることがほとんどです。
顎の中でも、斜めに位置していたり、水平になったままのケースもあります。
成人の方で、このようなはえ方の場合、これ以上はえてくるといったことは、まずないでしょう。このはえ方の場合、虫歯や歯周病などが起こることは、ひとまずありませんので、特に症状が無い場合は、必ずしも抜歯をしなければいけない。といったことはありません。

ですが、1点気をつけていただきたいことがあります。それは、骨の中に、嚢胞(のうほう)という、
袋状のかたまりの病変ができることがあるのです。
嚢胞ができても、症状が無いため、ご自身で気づきにくく、歯科医院でレントゲン撮影の際に偶然見つかることがあります。顎の骨を圧迫したり、溶かしてしまう恐れがあり、放置すると、徐々に大きくなっていきます。すると、周りの歯や歯周組織などに悪影響を及ぼすおそれがあり、嚢胞を除去しなければいけなくなります。

ですので、「私の親知らずは埋まっているから大丈夫。」と、安心して放置するのではなく、定期検診やお口のメンテナンス、レントゲンでの診査などを、定期的に行うようにすると、より安心できます。

③斜めに生え、一部だけが露出している

瑞穂市 歯医者 親知らず 吉田歯科医院

親知らずが斜めに生えており、歯の角の部分など、一部だけが歯ぐきより上に露出している状態です。ご自身で、見て確認できるという方もいらっしゃれば、見えにくかったり、舌触りで気づかれるという方もいらっしゃるかと思います。

このような親知らずのはえ方のタイプの場合は、小さな隙間に汚れが溜まりやすいです。
また、この部分は、歯ブラシが届きにくく、清掃が不十分になりやすいため、虫歯や歯周病の原因となってしまう可能性が、かなり高くなります。

瑞穂市 歯医者 親知らず 吉田歯科医院

このような、不衛生な状態が続いたり、ストレスや体調不良などで、体の抵抗力が落ちてしまうと、親知らず周辺の歯ぐきが、腫れたり痛みが出てくることもあります。

この状態を、歯科用語で「智歯周囲炎(ちししゅういえん)」といいます。智歯周囲炎を発症すると、親知らず周辺の歯ぐきの腫れや痛みをはじめ、頬が腫れたり、口が開けにくくなったり、発熱を伴うなど、全身に影響を及ぼす場合があります。

また、手前の歯の方向に親知らずが傾いている場合、さらに伸びようと、手前の歯を押してくることがあります。そうすると、押された歯に痛みが出たり、それが長期間にわたると、もっと手前の歯にも継続的な力が加わり、前歯の歯並びを段々と悪くしてしまうことがあります。

瑞穂市 歯医者 親知らず 吉田歯科医院

歯並びが悪くなるデメリットとして、見た目を損なうだけでなく、かみ合わせも変化してしまいますので、「顎関節症」という顎の病気を発症してしまう可能性もあるんです。
したがって、このようなはえ方のタイプの方は、親知らずのはえ方の中でも、一番、虫歯・歯周病・智歯周囲炎・歯並びの悪化・顎関節症など、トラブルの原因となりうる可能性が高くなるため、できる限り、そのリスクの回避をしたい方は、お早めに抜歯をご検討していただくことがおすすめです。

瑞穂市 歯医者 親知らず 吉田歯科医院

いかがでしたか?

できることなら、歯は抜かずに残したいものですよね。しかし、こうしてみてみると、親知らずの場合は、さまざまな理由から、他の歯と比べて、トラブルが起きる可能性が高いことが分かります。
「歯医者さんに親知らずを診てもらうと、抜かなきゃいけないんじゃないか?」
「前に痛かったから、虫歯なんじゃないか?」

と、ご心配の方もいらっしゃるかもしれませんが、親知らずだからといって、全て抜かなければいけない、ということではありません。これまでに親知らずに何らかのトラブルを経験された方はもちろん、特にトラブルの経験がない方でも、ご自身の親知らずの状態を、より詳しく知るために、ぜひ一度、歯科医院での検診やご相談をおすすめします。

当院の院長は、口腔外科学会に所属しており、実際に口腔外科での病院勤務の経歴がありますので、親知らずのトラブルなどにも対応しております。日程調整をして、抜歯をすることも多々ございますし、難易度が高い場合は、お客様の安心・安全を考慮して、高次医療機関にご紹介することもございます。ご相談は、いつでも受け付けておりますので、気になる事などございましたら、安心してご相談くださいませ。

瑞穂市 歯医者 親知らず 吉田歯科医院

当院のご予約、お問い合わせはこちら
https://weydc.jp/contact/

 

 

<< 前のページに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは058-329-4010へ

診療時間
10:00~13:30
15:00~19:30
/
/
/
/
▲:日曜日は10:00~13:30、14:30~16:30
矯正治療専門外来:毎月第2土曜・第4日曜(10:00~16:30)
※ 最終受付時間は診療終了の1時間前です
※ 日曜日は完全予約制・審美治療優先です
ご予約・お問い合わせはこちら
ホワイトエッセンス吉田歯科医院の外観
フッターオファー
© 2020 ホワイトエッセンス吉田歯科医院