電話する

地図

予約・問合せ

メニュー
ヘッダーオファー

近年大注目!大人気のマウスピース矯正「クリアアライナー」

2022年7月6日

こんにちは。瑞穂市のホワイトエッセンス吉田歯科医院です。

皆さんは、ご自分の歯並びに自信はありますか?
綺麗に整った歯並びは、人に与える印象も爽やかで素敵に見えますよね。
また、歯並びがきれいだと、歯磨きなどのお口のケアもしやすく、虫歯などのトラブルも起こりにくいです。
最近は、「コロナ禍でのマスク生活の間に歯並びを良くしたい」というお客様がたくさんいらっしゃるようになりました。

歯並びの治療といえば、いわゆる歯列矯正治療です。

矯正治療といっても、さまざまな方法があります。

なかでも、近年大変注目されており、当院でも大人気なのが、マウスピース矯正です。「見た目・期間・痛みの少なさ」など、さまざまな要素を考慮した時のメリットが大きく、治療中の見た目のイメージからも人気となっております。ですが、昨今、いろいろなマウスピース矯正があって、実際はどういった矯正治療なのか、ご存知でない方も、まだまだ多くいらっしゃいます。

そこで今回は、マウスピース矯正ついて、お話したいと思います。

 

<マウスピース矯正とは?>

皆さんの多くが、歯列矯正というと、ワイヤー(いわゆる針金)やブラケット(いわゆるボタン)を使用して行う矯正治療を思い浮かべるのではないでしょうか?

一方、マウスピース矯正は、ちょっと硬めのペットボトルのような、薄いプラスチックで出来ており、目立ちにくく、取り外しもできますし、痛みや違和感も比較的少ないと言われています。また、金属を使用していないので、金属アレルギーの心配がありません。患者さんによっては、非常に優れた特徴を持っていると言えます。

実際のマウスピースは、コンピューターCAD/CAM技術を用いて、3次元的に歯の動きを計算し、お客様に合わせたオーダーメイドの装置を製作します。マウスピースを装着すると、1週間で0.25㎜ほど歯が動くので、それに合わせて新しいマウスピースに交換し、ご希望の歯並びへと治療していきます。

すきっ歯や前歯のねじれといった部分的な矯正も、クリアアライナーが得意とするところです。

治療期間は、個人差がありますが、早い方で半年、平均すると1~2年前後くらいになります。ブラケットタイプの矯正治療よりも、費用を抑えられるケースも多々あります。

 

<マウスピース矯正治療のメリット>

①透明で目立ちにくい
金属ワイヤーを利用した矯正に比べて、人に気づかれにくいという大きなメリットがあります。学校や職場生活であまり目立つことなく矯正治療を行うことが出来るので、装置が目立ち、人から見えてしまうことに抵抗があり矯正をためらっている方にもおすすめです。

②取り外せる
ワイヤー用いた矯正装置は、取り外しが出来ないため、食べ物が装置に引っかかってしまったり、食後の歯磨きがしづらいこともあり、虫歯になりやすいといったリスクもありました。

クリアアライナーは取り外しが出来ることで、矯正前とほとんど変わりなく、食事や歯磨きをすることが出来ます。ですから、虫歯のリスクをほとんど心配することなく、矯正治療が出来ます。

③違和感が少ない
従来のブラケットを使用した矯正治療は、違和感が多く、傷や口内炎ができやすく、慣れるまで話しづらい、といった事がありました。また、装置を装着して歯が移動する間も継続的に痛みが発生してしまい、その間も装置を取り除くことが出来ないため、我慢が必要な時もあります。

一方、マウスピース矯正治療では、装着時の違和感が少なく、より快適に治療を行うことが出来ます。ご心配される事の多いお痛みも、歯を押されるような感覚はあるものの、耐えがたいほどのお痛みではありません。装着時の痛みは通常2~3日で、その後は快適に矯正治療を行えることがほとんどで、当院で治療した方々も、痛みにより治療を中断した方はいらっしゃいません。

④同時に、ホワイトニングが出来る
取り外しができることで、歯科医院で行うホワイトニングはもちろん、マウスピースそのものを利用して、ご自宅で行う「ホームホワイトニング」をする事も出来ます。マウスピース矯正治療であれば、歯並びと同時に白く輝く歯を手に入れることができます。(ただし、矯正治療中のホワイトニングには少々リスクもありますので、熟知した歯科医院で行うことが望ましいと思われます。)

<マースピース矯正治療のデメリット>

①システムによってはマウスピース矯正では対応できない症例がある
昨今はさまざまなマウスピース矯正のシステムがありますが、歯並びの状況によっては適応症ではない場合があります。特に抜歯が必要な症例などでは従来のワイヤー矯正治療の方が適していることがあります。

②型どりの頻度が多い
歯を動かす力が若干弱く、変化する歯並びに対応した新しいマウスピースをその都度作製する必要があります。マウスピースで動かせる範囲は、およそ1ヶ月で約1㎜以内と言われており、動く歯に応じて適宜、型をとる必要があります。とはいえ、最近は、この頻度を少なくするシステムや光学印象といって精密な写真撮影で完了するシステムなどがあり、改善されつつあります。

③歯並びによっては期間が長くなることもある
個人差がありますが、通常のワイヤー矯正に比べ、緩やかに歯を移動させる為、治療期間が長くなることもあります。元々の歯並びにもよるので、誰もが長くなるといったわけではありません。

④装着は個人の努力にゆだねられる
従来の矯正装置は、歯に固定してしまうので、ご自身が意識せずとも、歯は動いていきますが、マウスピース矯正の場合は自分で装着しなければ歯が動くことがありません。食事中以外は、睡眠時間も含めて、1日最低18~20時間以上装着する必要があり、これにはご自身の努力が必要になります。

 

綺麗な歯並びに憧れはあっても、今までの矯正方法に抵抗があったり、何らかの理由があって、なかなか決断出来ずにいる方も多くいらっしゃるでしょう。いくつになっても、矯正を始めるのに遅くはありません。「マウスピースなら、出来るかも!」と思われた方は、当院にて矯正治療の無料カウンセリングを行っていますので、どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

 

<< 前のページに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは058-329-4010へ

診療時間
10:00~13:30
15:00~19:30
/
/
/
/
▲:日曜日は10:00~13:30、14:30~16:30
矯正治療専門外来:毎月第2土曜・第4日曜(10:00~16:30)
※ 最終受付時間は診療終了の1時間前です
※ 日曜日は完全予約制・審美治療優先です
ご予約・お問い合わせはこちら
ホワイトエッセンス吉田歯科医院の外観
フッターオファー
© 2020 ホワイトエッセンス吉田歯科医院