電話する

地図

予約・問合せ

メニュー
ヘッダーオファー

どうしよう!急なケガによるお口のトラブル

2022年5月18日

こんにちは。瑞穂市のホワイトエッセンス吉田歯科医院です。

皆さん、5月の連休は、どの様に過ごされましたか?

小さい子をもつ私は、こどもの日もあり、何か子供達が喜ぶ事をしてあげたいと思っていましたが、まだまだ新型コロナウイルス感染が不安な状況で、あまり遠出も出来ず、近場で過ごす事が多かったです。

そんな状況でも、子供達は、元気いっぱいに走り回ったり、遊びに夢中で周りが見えず、ケガをする事も多いです。急なケガは、とても心配になりますよね。大人の方でも、交通事故や、スポーツ中のトラブル、転倒など、予期せぬアクシデントによって、歯やお口のケガに見舞われる事があります。そんな時は、どの様に対応したら良いのでしょう?

今回は、歯の外傷を受けた際の対応についてお話したいと思います。

<歯の外傷(がいしょう)とは?>

歯そのものや顔面、口唇などを激しくぶつけたり、傷害をおった歯の事を、「外傷歯」と、いいます。
明らかに、見た目でも分かる外傷もありますが、外傷を受けても、見た目では、何ともない様に感じる場合もあります。しかし、歯の根っこや、歯の組織、子供の場合は、歯茎の中の永久歯などに影響を与えている場合があります。歯や顔、口唇などに傷害をおった際は、歯科医院で診察を受けて頂くのが安心ですね。

<主な外傷歯の治療方法>

①歯が欠けた

小さく欠けた程度なら、研磨して破折部分を丸めます。
神経に達しない程度の破折は、欠けた破折片の接着や、プラスチックの樹脂で修復をします。
神経まで達してしまった場合は、怪我の状況や深さ、歯の根の状況、受傷からの経過時間などによって、薬を貼付して神経を保護したり、神経の一部もしくは全部を除去することになります。
歯の根が折れた場合は、破折の程度により、根の治療や抜歯など、治療法が異なります。

②歯が移動した、埋もれた、グラグラしている

動揺の程度、かんだ時の痛みの有無などにより、固定を行う事があります。
歯の移動が起こっているのであれば、整復して(元の位置に戻して)、固定を行う場合もあります。これらがかなわない場合は、抜歯することもあります。経過によって、そのまま様子をみる事もあります。

③完全に抜けた

受傷後、すぐであれば、再殖(元に植え直す)を行う場合があります。しかし、再殖は、どんな場合でも出来る訳ではありません。抜けた歯の状態や保管方法、お口の状態によって、異なります。歯の保存方法は後述します。
なお、乳歯は、一般的に再殖はしないとされています。

④口の中や、唇を切った

口の中の裂傷は、軽度であれば様子をみます。深い傷は、縫合する場合があります。口唇の外側の大きな傷や、顔面裂傷などの軟組織の重症な傷害は、一般外科や整形外科などで診ていただく必要があります。また、顎や顔面の骨折、顎関節への傷害などは、口腔外科で診ていただく必要があります。

<抜けた歯の保管方法>

 アクシデントにより、歯が丸ごと抜けてしまった時は、「どうしよう!」と、ビックリされますよね。思わず、水道水でゴシゴシ洗ったり、水に浸けておいたり、ティッシュにくるんだり…など、ついついしてしまいそうになると思います。

抜けた歯は、乾燥させずに保管し、できるだけ早く、歯科医院を受診することが大切です。受傷後、すぐであれば、歯の根の表面についている、歯と骨を固定する細胞(歯根膜)は、まだ生きている可能性があります。取れた歯を拾う際は、歯の頭部分を持って、根っこの部分は触ったり、洗ったりしない様にしましょう。

水道水は、歯の周りの細胞にとって最適ではありません。一番身近なもので、歯の保存に使えるのは、牛乳です。冷蔵庫の中で一晩程度は良好に保管できるといわれています。
時折、口の中の頬に入れて、そのまま歯科医院を受診する方もいらっしゃいますが、飲み込んでしまう可能性があるので注意が必要です。

もしかすると、牛乳アレルギーのお子さんでも対応可能な歯の保存液は、学校や病院、救急車などに配備されている場合があるようですので、状況によってはそちらをお使いになると良いでしょう。

牛乳や保存液がない場合は、そっと食品用ラップに包むと、1時間程度なら保てると言われていますので、そのまま歯科医院で渡すと良いでしょう。

歯の外傷は、一瞬の出来事で、防ぎようがありません。出血があったり、歯が割れていると、不安ですよね。ましてや小さなお子様だと心配です。焦る気持ちは分かりますが、冷静になることが大事ですね。また、少しでも早く、適切な処置を行うことも重要です。不安な事や、分からない事などは、お電話でも良いので、遠慮なくご相談ください。

 

<< 前のページに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは058-329-4010へ

診療時間
10:00~13:30
15:00~19:30
/
/
/
/
▲:日曜日は10:00~13:30、14:30~16:30
矯正治療専門外来:毎月第2土曜・第4日曜(10:00~16:30)
※ 最終受付時間は診療終了の1時間前です
※ 日曜日は完全予約制・審美治療優先です
ご予約・お問い合わせはこちら
ホワイトエッセンス吉田歯科医院の外観
フッターオファー
© 2020 ホワイトエッセンス吉田歯科医院