電話する

地図

予約・問合せ

メニュー
ヘッダーオファー

TCHって知っていますか?

2021年12月15日

こんにちは。瑞穂市のホワイトエッセンス吉田歯科医院です。

 

皆さんのお口の中で、いま、奥歯でも前歯でもどこか上下の歯が触っているところはありますか?

もし、どこか1ヵ所でも触っているところがあるとすれば、それはTCH(上下歯列接触癖)かもしれませんよ。

 

< TCHとは? >

 

TCHとはTooth Contacting Habitの略で、上下の歯を接触させ続ける癖(上下歯列接触癖)のことです。何もしていないときには上下の歯は接触していないのが普通です。歯の接触は噛んでいるときや飲み込むとき、話す時などに起こるだけで、時間にすると1日17.5分しかないんです。

 

ですが、緊張したり、ゲームやスマホを見たりなどの少しうつむく場合には、自然と歯を接触させる状態になります。それが続くと、脳が慣れ「触れていることが普通」になり、歯が触れた状態が長く続いても、それに気づかなくなってしまうんです。

 

短時間の接触なら問題無いのですが、本来は1日約20分程度しか触れていないはずの歯を何時間も接触させていれば、筋肉や関節も徐々に疲労してきます。その疲労状態が続けば痛みになり、顎の関節や口の中の異常として感じるようになるのです。この一種の癖を「TCH」と呼んでいます。

 

< TCHを続けると何が起こる? >

 

TCHをそのままにしておくと、歯や歯ぐきなどに力がかかり続けているため,歯周病の悪化や、知覚過敏、原因が分からないのに歯が痛くなったり、歯の根の治療の痛みがとれないといったことを起こす可能性があります。また、舌や頬の粘膜を常に歯に押しつけていることで、間違って噛んでしまったり、口内炎ができやすくなる可能性もあります。

さらに歯の詰め物が外れやすくなったり、神経を抜いて弱くなっている歯にヒビなどが入ることもあります。

歯が触っているというだけでも、人によってはぐっと食いしばるような強い力がはたらいている可能性もあるのです。

 

< TCHを止めるには? >

 

TCHは気づくことが大事です。癖は人から指摘されるまで気づかないということが良くありますよね。自分ではなかなか気づけないんです。

TCHもご自分では気づけないので、家の中のよく自分がいるところに「歯を離す」「リラックス」などのメモをを貼ってみてください。そのメモを見たら、その場で上下の歯が触っているかをチェックしてくださいね。もし、上下の歯が接触していたら、鼻から大きく息を吸い込みながら両肩も一緒に大きく上げます。その後、口から息を吐きながら肩を落とし一気に脱力します。

気づいてリセット、これを繰り返すことで癖が自然に抜けていきますよ。

「歯を離す」ことを意識して、お口の健康を守りましょう!

 

<< 前のページに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは058-329-4010へ

診療時間
10:00~13:30
15:00~19:30
/
/
/
/
▲:日曜日は10:00~13:30、14:30~16:30
矯正治療専門外来:毎月第2土曜・第4日曜(10:00~16:30)
※ 最終受付時間は診療終了の1時間前です
※ 日曜日は完全予約制・審美治療優先です
ご予約・お問い合わせはこちら
ホワイトエッセンス吉田歯科医院の外観
フッターオファー
© 2020 ホワイトエッセンス吉田歯科医院